1. >
  2. 電子書籍について個人的な簡易の見解

電子書籍について個人的な簡易の見解

まず、第一に手軽に購入し、手元の端末で即購読できるというところが利点。書籍のようにかさばることもなく、場所を取らないことも大きな魅力のひとつだ。

読みながら思うのは、購入先にもよるが、漫画であれば書籍であれば1ページのものを一コマずつにわけて表示したり、文字を大きくする効果をつけたりしたものがあることについて。これは賛否両論分かれると思う。一コマずつにわけて表示されると読みづらい。また、効果をつけられるとそれがきになり頭にストーリーが入ってこない。逆に一コマずつにわけて表示される方が大きく見えて良い、という意見もあるだろう。

電子書籍は今後、まだまだ広がる世界だと思う。これまで電子書籍化されてないものも、これからどんどんされて行くことが予想される。個人的には専門分野にまで波及し、論文などの引用から電子書籍へのリンクがされるなど、わかりやすくなると面白いと思う。

棄てられない人こそ電子書籍

電子だと物理的なスペースを必要としないので棄てられないタイプにはとてもいいと思う。

懐かしい漫画などがあると単純に嬉しい。

既に本屋で見かけなくなったお気に入り作家の、手に入れていなかった漫画があると小躍りしたくなる。

さらに電子書籍で話題になって復刻されると手元にコレクションできるという利点も。

ただし、コレクションしてしまうと自宅に蔵書が多くなるという問題も。

コレクションでなく電子書籍で充分というボーダーラインを自分の中で作る事も必要。

このボーダーラインが確立されれば自宅コレクションの処理に困らず快適に趣味を満喫できてくるように思う。

私は買い足す事が随分と減りました。

紀伊国屋電子書籍を利用中!

電子書籍のメリットは、スマホでも読めるので本の持ち運びがなく、今は文字の大きさから、しおり機能やマーカー機能がありとても便利。また、書籍よりも値段が安く良い。書籍とは違って置き場所も必要ないのが良い。しかし、デメリットとしてはやはりスマホやタブレットを使っているので、目が疲れる、ブルーライト効果で夜は寝られなくなるという点がある。また、書籍ならではの紙をめくる作業がないのが少し物足りなさを感じます。

みんなが使う電気書籍

いつでも、読めること余計な荷物にならないのが一番のメリットですが、あまり頭の中につまり記憶に残りにくいっとおもいます。

余計な本棚も必要ないし、アプリで購入したらデータは半永久的に残るので、データ紛失や通常の紙の本では汚れたり、破れたりしますが、その心配もないから安心だとおもいます。

また、ビジネス書であれば通勤時間や隙間の時間でもすぐ携帯で確認する事が出来ます。

文字検索することができるので、思い出した時にすぐそこのページが見つけることができるのは便利です。

このページのトップへ